OUR SERVICE事業サービス案内

02

WASTE DISPOSAL一般廃棄物・
産業廃棄物処理

東京23区の一般廃棄物の収集・運搬・処理、ビン・缶などのリサイクル、
産業廃棄物の中間処理などを行っています。

一般廃棄物収集運搬

東京23区内における一般廃棄物の収集・運搬、
適正処理を行っております。

一般廃棄物中間処理事業

家庭、企業及び事業所等から分別排出される貴重な資源である古紙、ペットボトル、スチール缶、アルミ缶、瓶などを
同一事業所内でリサイクルできる国内で数少ない複合施設です。
また、ペットボトルは、日本容器包装リサイクル法が施行された初年度より、同法に基づくリサイクルを行っております。

  • ペットボトル

    ペットボトル

    集められたペットボトルは、選別された後、破砕処理と洗浄を行い、細かいフレーク状にしていきます。さらにペット樹脂とその他樹脂類を分けるための比重分離工程、最終チェックを経て、再生資源として出荷されます。文房具、衣類、容器類など、さまざまなものに生まれ変わるのです。また、製品としてリサイクルできないペットボトルやラベルは、主に固形燃料などのサーマルリサイクルとして再利用されます。

  • 缶

    ご家庭から回収された缶は、磁選機でスチール缶とアルミ缶に分けた後、プレス機でプレスされてリサイクル資源となります。再資源化されたものは出荷先のメーカーで原料として使用され製品として姿を変えます。

  • 紙

    新聞などの古紙は古紙紐取機により、古紙を束ねている紐を取り除き、大型自動古紙梱包機により圧縮・梱包します。圧縮能力は1日160トンです。圧縮された原料は製紙メーカーで紙へと生まれ変わります。

  • 瓶

    瓶は選別された種類ごとに再資源化し、再生資源として再生資源利用メーカーに販売しています。再資源として利用される原料は、瓶の原料もしくは道路の路盤材の原料などとして再利用されます。

選別して再資源化

産業廃棄物処理事業

サン商事の処理施設は、東北自動車道岩槻IC・浦和ICの至近に位置する高ロケーション。
各産業の生産拠点からのアクセスを素早く行うことができるように選定しました。
首都圏内において屈指の規模を持つ処理施設と設備であることも、大きな利便性として注目を集めています。
また、地域の環境保全に十分に配慮されており、今後ますます厳しくなる環境基準の諸問題に対応するための設備導入や、
拡大するニーズに即応する処理能力のアップも円滑に行えるよう取り組んでいます。

  • 産業廃棄物土間選別場

    産業廃棄物土間選別場

  • SSI社製破砕機

    SSI社製破砕機

  • (株)昭和製プレス機

    (株)昭和製プレス機

  • アームロールコンテナ14㎥(1840×3600×2100)

    アームロールコンテナ14㎥(1840×3600×2100)

回収実施のご相談はこちらまで